・酢酸ナトリウムの再結晶


(1)実験操作

(i)酢酸ナトリウム三水和物CH3COONa3H2O10 g量り取り、試験管の中に入れる。

(ii)メスシリンダーで水4.0 mLを量り取り、(i)の試験管の中に入れる

(iii)500 mLビーカーに水を入れ、約80の温度で試験管を温め、結晶を完全に溶かす。

(iv)溶けた酢酸ナトリウム水溶液をシャーレにすべて流し込み、室温まで放冷する。

(v)溶液が冷めたら、シャーレの真ん中に酢酸ナトリウムの結晶(小片)を少量落とす。

(vi) (v)のシャーレの底を触って温度の変化を確かめる。

 

(2)理論

 固体の溶解度は、一般に温度が高いほど大きくなるので、高温で多量の溶質を含む溶液を冷却していけば、飽和溶液になる温度で、溶けきれなくなった溶質の結晶化が始まるはずです。しかし、溶質の種類や冷却の方法によっては、溶解度では飽和に達しているはずなのに、結晶が析出してこないときがあります。これは、溶解成分から結晶の核となる相を生成させるのに、一定のエネルギーを要するからです。このように、溶解度以上の溶質が溶けている状態を過飽和(supersaturation)といい、このような溶液を過飽和溶液(supersaturation solution)といいます。特に酢酸ナトリウムは、安定した過飽和状態を維持できる物質で、飽和状態に達してから温度が大幅に低下して過冷却状態(supercooling)になっても、結晶の析出が起こりにくいのです。しかし、過飽和溶液に振動を加えたり、酢酸ナトリウムの結晶核を投入するなどの刺激を与えると、一気に結晶の析出が始まります。

 

室内 が含まれている画像

非常に高い精度で生成された説明

.1  過飽和溶液に少量の結晶核を投入すると、劇的な結晶化が始まる

 

 このような劇的な結晶析出には、大量の熱の放出が伴います。2008年頃から、このような酢酸ナトリウムの性質を利用した商品として、「エコカイロ」という再利用可能なカイロが販売されるようになりました。エコカイロは、酢酸ナトリウムを温水に溶かし、ゆっくりと室温まで冷却して過飽和状態にしたものです。ビニールの内部には、酢酸ナトリウムの過飽和溶液と金属片が入っているだけで、シンプルな構造をしています。内封の金属片を折り曲げるなどして物理的刺激を与えると、酢酸ナトリウムの結晶化が始まって、発熱するのです。エコカイロは、使い終わったものを加熱して液体に戻し、再びゆっくりと室温まで冷却することで、何度でも再使用することができます。

 

室内, テーブル, 座っている, 床 が含まれている画像

高い精度で生成された説明

.2  酢酸ナトリウムの結晶化は発熱反応で、30分ほど暖を取ることができる


戻る