・メチレンブルーの酸化還元


(1)実験操作

(i)100 mL三角フラスコに水50 mL水酸化ナトリウム0.8 gを加え、三角フラスコを水平に振って水酸化ナトリウムを溶かす。

(ii)さらに三角フラスコにグルコース0.5 gを加え、同様にしてグルコースを溶かす。

(iii)ステンレス容器に水を適量入れ、ガスバーナーで加熱をして温める。温度計を見ながら5060℃程度まで水温が上がったら火を弱め、その温度を保つようにする。

(iv)100 mL三角フラスコを水浴に浸し、40℃程度まで温める。

(v)メチレンブルー水溶液を数滴三角フラスコに加え、色の変化を観察する。このとき、青色のメチレンブルーは直ちに無色になる。

(vi)三角フラスコにゴム栓をして激しく振る。このとき、無色の水溶液は直ちに青色になる。

(vii)三角フラスコを放置しておく。すると、青色の水溶液は徐々に無色になる。

 

(2)理論

この実験は、メチレンブルーの酸化還元反応を利用した呈色実験です。三角フラスコを激しく振ると、無色のロイコメチレンブルーは、フラスコ内の酸素O2によって酸化され、青色のメチレンブルーになります。また、三角フラスコを振るのを止めると、水溶液中に酸素O2が溶け込まなくなるので、青色のメチレンブルーは、グルコースC6H12O6の還元作用によって還元され、無色のロイコメチレンブルーになります。

 

a.png

.1  メチレンブルーの酸化還元

 

無題21.png

 

メチレンブルーの還元反応では、化学反応式で示したように、グルコースC6H12O6が還元剤として作用しています。グルコースは、塩基性溶液中では容易に酸化されてグルコン酸イオンC6H11O7- となり、そのために還元作用を示すのです(塩基性条件では、グルコン酸が直ちに中和されるため、酸化反応が平衡的に有利になります)

また、メチレンブルーの酸化反応では、三角フラスコを激しく振ることによって、水溶液中に酸素O2が溶け込み、酸素O2が酸化剤として作用するようになります。

これらの酸化還元反応を利用することで、青色から無色に、無色から青色に、と繰り返し変色する「魔法の液体」を作ることができるのです。

また、化学反応の反応速度は、次に示すアレニウスの式より、一般的に温度Tに依存するため、高温の水溶液で行うほど、酸化還元反応の反応速度は大きくなります。メチレンブルーの酸化還元反応では、酸化反応は比較的速やかに進むものの、還元反応は温度が低いと、なかなか進みません。この実験の面白さは、変色が可逆的に起こることにあるので、変色反応を速やかに進めるためにも、水溶液の温度は室温よりも、やや高めにしておくのが良いと思います。水溶液の温度が下がっても、再び水浴で温めてやれば、繰り返し使用することができます。

 

 

また、実験試薬については、グルコースは、最近ではサプリメントとしても販売されているので、入手は簡単でしょう。グルコースがなくても、ハチミツなどで代用可能です。ただし、砂糖は還元性がないので、この実験では使えません。メチレンブルーは、試薬として購入すると非常に高価なので、熱帯魚用の治療薬として売られているものを利用するのがおすすめです。水酸化ナトリウムについては、一応劇物なので、薬局などで注文し、取り寄せてもらうようにします。購入する際に理由を聞かれたら、「メチレンブルーの化学実験をする」といえば、購入できると思います。ただし、劇物なだけに、取り扱いには十分注意するようにしましょう。目に入ったら、失明の危険性もあります。

この実験は、試薬の分量が適当でも、それなりに上手くいきます。反応速度は、試薬の分量よりも、むしろ温度の影響の方が大きかったりします。デモンストレーションなどでこの実験をするときは、温度管理だけはしっかりとしておきましょう。

 

無題1.png

.2  ロイコメチレンブルー()とメチレンブルー()


戻る